袋井メロンマラソン オンラインで実施へ

2020年6月27日 05時00分 (6月27日 05時03分更新)

◆詳細は来月中旬、市スポーツ協会HPに

 袋井クラウンメロンマラソン実行委員会は26日、新型コロナウイルス感染防止のため、12月13日に予定していた第32回大会を、走った距離を専用アプリで登録するオンラインマラソン「(仮称)袋井クラウンメロンマラソン リモートチャレンジ」として実施すると発表した。1989年の第1回大会以降、開催方法を変更するのは初めて。
 事務局の市スポーツ協会によると、参加者やスタッフ、沿道で応援する人ら例年約1万人が参加しており、万全な感染防止策を施すことが困難なことから開催方法の変更を決めた。オンライン方式での実施は、毎年参加している人たちとのつながりの継続と、新たなランナーに袋井市の魅力を伝え、次年度以降の参加を促す狙い。
 リモートチャレンジは、フルマラソン(42.195キロ)の距離を2週間以内に完走する方式。開催期間、実施方法などの詳細は7月中旬に市スポーツ協会のホームページに掲載する予定。(問)市スポーツ協会=0538(42)1920 (土屋祐二)
PR情報