本文へ移動

原英莉花「ちょっと悔しい」5バーディー7位発進「前半バーディーが取れなかったのが…」

2020年6月25日 21時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
13番でバーディーパットを決める原英莉花(ゲッティ/JLPGA提供)

13番でバーディーパットを決める原英莉花(ゲッティ/JLPGA提供)

◇25日 日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミン・カップ初日(千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 昨季ツアーを席巻した、渋野日向子と同学年の黄金世代。開幕初日も上位に多数の名前が連なっている。原英莉花(21)=日本通運=は11番からの3連続を含む5バーディーに1ボギー、首位と2打差の7位につけた。
 「久しぶりの試合としては上出来だと思う。けど、前半なかなかバーディーが取れなかったのがちょっと悔しい」と原。好発進にも「明日から立て直したい」と口元を引き締めた。
 また天候条件としては不利だった午前スタートで同組で回った黄金世代、小祝さくら(22)=ニトリ=と臼井麗香(21)=ディライトワークス=も揃って4アンダー68。「すごい雨の中でも意外といいショットが打てた。前半はチャンスを逃してたけど、後半はパットも決まってくれた」とは小祝。臼井は「試合前は不安だらけだったけど、始まると集中力もアドレナリンも出ていいプレーができた。相変わらず肉食系ゴルフしてます」と笑顔で語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ