本文へ移動

グランパスDF中谷が全試合出場に意欲「毎試合出られるように良い状態を保つ」46試合連続フルタイム出場中…7月4日のJ1再開初戦・清水戦に照準

2020年6月24日 22時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習で前田(右)と競り合う中谷(提供写真)

練習で前田(右)と競り合う中谷(提供写真)

 名古屋グランパスのDF中谷進之介(24)が24日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで行われた全体練習(非公開)後にオンラインで取材対応。7月4日に約4カ月ぶりに再開するリーグ戦は中2、3日の過密日程に加え、高温多湿のナイター開催と難条件ぞろい。それでも、46試合連続フルタイム出場中の主力DFは、全試合出場に意欲を燃やした。
 全試合で戦う覚悟はできている。新型コロナ禍から再出発するシーズンは厳しい日程が組まれ、体調面への配慮から選手交代が最大5枠に増える。そんな異例の状況でも、中谷は「毎試合出られるように良い状態を保つ」と意気込む。
 もちろん、出場するからには90分間のハイパフォーマンスを求める。そのためにも「普段の生活から、今まで以上にストイックに」。水分補給と体重維持、睡眠による回復を徹底し、ピッチで働き続けるつもりだ。
 20日のJ3岐阜との練習試合は、全体練習再開1週間で、思うようにボールに足が伸びないなど動きのキレ不足を痛感した。短期間で再開初戦・清水戦(アイスタ)に向かう難しさはあるが、間に合わせる。「プロである以上は結果を残さないといけない。言い訳せず、そこに向かっていく」。残る日々で戦う体を仕上げる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ