本文へ移動

【フィギュア】今年の全日本選手権は長野で、NHK杯は大阪で開催…日本スケート連盟の理事会で事業計画を承認

2020年6月24日 17時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年12月の全日本選手権の男子で4連覇を飾った宇野昌磨(右)と抱き合う2位の羽生結弦=2019年12月22日、東京・国立代々木競技場で

昨年12月の全日本選手権の男子で4連覇を飾った宇野昌磨(右)と抱き合う2位の羽生結弦=2019年12月22日、東京・国立代々木競技場で

 日本スケート連盟は24日、オンラインで開催した理事会で、2020~21年シーズンの事業計画を承認。フィギュアスケートの全日本選手権を12月23~27日に長野・ビッグハットで行うことが決まった。グランプリ(GP)シリーズ第6戦のNHK杯は11月27~29日に大阪・東和薬品ラクタブドームで、ジュニアGPシリーズ日本大会は9月16~19日に神奈川・KOSE新横浜スケートセンターで開催する。
 この日の理事会では9月25~27日に愛知・邦和スポーツランドで開催する中部選手権など全国6地区のブロック別競技会と10月23~25日に群馬・ALSOKぐんまアイスアリーナで開催する全日本ノービス選手権を無観客とすることも決定。その他の競技会は今後の状況をみて検討するとした。
 一方、スピードスケートは全日本選手権を12月28~30日に北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで、世界ジュニア選手権を来年2月19~21日に青森県八戸市のYSアリーナ八戸で開催。スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権は来年1月16~17日に長野県南牧村の帝産アイススケートトレーニングセンターで行う。なお、承認された大会日程は現状での計画で、新型コロナウイルスの感染状況次第で見直される可能性があるという。
 また、同連盟は、未定だったフィギュアスケート女子の紀平梨花(17)の所属が「N高東京」に決定したと発表した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ