本文へ移動

飼育のネコギギを鈴鹿川に放流 鈴鹿高生ら

2020年6月24日 04時00分 (6月24日 11時17分更新)
鈴鹿川に放流したネコギギ(亀山市提供)

鈴鹿川に放流したネコギギ(亀山市提供)

  • 鈴鹿川に放流したネコギギ(亀山市提供)
  • 3年間育てたネコギギを放流する鈴鹿高の生徒=亀山市の鈴鹿川で(同市提供)
 国天然記念物の淡水魚「ネコギギ」の繁殖に取り組む鈴鹿高校(鈴鹿市)と亀山市が同市の鈴鹿川に成魚六匹を放流した。同校自然科学部が二〇一七年に繁殖に成功した稚魚を三年間かけて育てた。部員たちの思いもひとしおで、前部長で三年生の堤光さん(17)は「自然に負けずに元気に生きてもらい、ネコギギたちがすめる川になってほしい」と願う。
 放流は今月十三日行い、堤さんのほか、落合真弘さん(三年)、尾崎伯さん(二年)、伊藤勇誇(ゆうこ)さん(同)の部員四人と顧問の西飯(にしい)信一郎教諭(47)、亀山市の職員二人が参加。夜行性のため暗くなる日暮れを待ち、成育環境を考慮して上流の親の個体を捕まえた場所に放った。
 一七年七月、同校は稚魚の繁殖に成功し、約四センチに成長した二匹を同年十一月に放流した。今回は災害などで生息地が壊滅したときに備え、別に育てていた雄四匹、雌二匹を川に放した。
 部員たちは当番制で放課後のえさやりや掃除に努めてきた。ネコギギは縄張り意識が強く、個体同士がけんかしないように水槽もなるべく個別に用意した。かいあって、雄は体長一〇センチ、雌は体長八センチにすくすく育った。
 ネコギギは伊勢湾と...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧