本文へ移動

ピンチになると「投げ急ぎ」が抑えられない

2020年6月24日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

 【質問】中学軟式のピッチャーです。投げることには自信がありますが、ピンチとかに投げるテンポが速くなって、自分で抑えられません。こういうときはどうすればいいですか。 (神奈川県平塚市 M君=中3)
 【答え】プロ野球でも、ピンチになると自分のペースを忘れて投げ急いで勝手に崩れていく投手がいます。プロの場合は、内野手が集まって間をとったり、コーチがマウンドに行って声を掛けてリラックスさせたりします。どんなに素晴らしいピッチャーでも平常心を失うと自分のピッチングはできません。ピッチャーは「自己中心的」な人が多いといわれがちで、味方のエラーや審判の判定に怒ったりもします。ファインプレーに助けられることもあるので、味方のミスにも「ドンマイ、ドンマイ」と声を掛けるくらいの余裕がほしいものです。
 マウンド上でカッカしたときは(1)深呼吸をする(2)ゆっくりしたけん制球を投げる(3)足場をならす(4)スパイクのひもを結びなおす(5)キャッチャーを呼んで話をする−などで平常心を取り戻しましょう。精神的な動揺が「投げ急ぎ」になります。いつもよりもテンポが速くなると、必ずといっていいほどコントロールも乱れます。軸足にしっかりと体重が乗らず前に、前にと体が突っ込み、肘は上がらない、腕は振れない、スピードは出ない、ストライクが入らないと、いいことは一つもありません。エースと呼ばれた人たちはみんな、ピンチの時もポーカーフェースでしたよ。
 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ