藤井七段、長考・秒読み・乱れぬ手筋 王位戦は地元で初戦へ

2020年6月24日 05時00分 (6月24日 05時02分更新) 会員限定
永瀬拓矢二冠(右)に勝ち、王位戦の挑戦者に決まった藤井聡太七段=23日夜、東京都渋谷区の将棋会館で

永瀬拓矢二冠(右)に勝ち、王位戦の挑戦者に決まった藤井聡太七段=23日夜、東京都渋谷区の将棋会館で

  • 永瀬拓矢二冠(右)に勝ち、王位戦の挑戦者に決まった藤井聡太七段=23日夜、東京都渋谷区の将棋会館で
 「第六十一期王位戦」(中日新聞社主催)の挑戦者決定戦で、永瀬拓矢二冠(27)は、激戦のさなかには外していたマスクをつけると、静かに頭を下げた。その瞬間、藤井聡太七段(17)=愛知県瀬戸市=の初の王位挑戦が決まった。
 中盤の長考に控室の検討陣は驚いた。先手の藤井七段が得意戦法「角換わり」に進めた本局。昼食休憩の直後、藤井七段はまだ勝負はこれからという局面で、持ち時間四時間のうち一時間半以上を投入。その後も難解な中盤戦が続き、永瀬二冠との残り時間に大きな差がついた。
 しかし藤井七段は秒読みに追われながらも正確な指し手を続けた。次第に永瀬二冠が追い詰められ、天を仰ぐ場面が増えてきた。藤井七段は終盤、玉の早逃げで安全を確保すると、後手玉に攻めかかり、一気に勝負を決めた。終局後、永瀬二冠が「力負けだった」と認める完勝で、二つのタイトルを持つトップ棋士を退けた。
 七番勝負で戦う木村一基王位(47)とは公式戦初対局となる。藤井七段は「対局は多いですが、普段通り臨めているかなと思います。しっかり整えていい将棋を指したい」と意気込んだ。七番勝負の開幕局は、愛知県豊橋市で行われる。「地元で第一局が指せる...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

囲碁将棋の新着

記事一覧