知多の民生委員、「お元気ですか」と暑中見舞い コロナで訪問できず 

2020年6月24日 05時00分 (6月24日 05時00分更新) 会員限定
はがきにメッセージを書き込む委員=知多市旭まちづくりセンターで

はがきにメッセージを書き込む委員=知多市旭まちづくりセンターで

  • はがきにメッセージを書き込む委員=知多市旭まちづくりセンターで
  • 委員が思いを込めて書いたはがき
 知多市民生委員・児童委員協議会は、普段行っているお年寄り宅への訪問が新型コロナウイルスの影響でできない代わりに、暑中見舞いはがきを書いて送る取り組みをしている。「お元気ですか」などと温かみのある手書きのメッセージを添えている。 (福本英司)
 同市の民生委員・児童委員は日ごろ、お年寄り宅を訪問するなどして見守り活動をしている。だが新型コロナウイルスの感染防止で接触をなるべく避けるため、三月以降、電話かあいさつ程度の活動しかできなくなった。そこではがきを送って安否を確認したり、元気づけたりするほか、手洗いの励行やニセ電話詐欺への注意を呼びかけることにした。
 はがきは、市内の委員百十八人が、一人暮らしのお年寄り千百三十六人と高齢者世帯四百七世帯の、計千五百四十三世帯に六月中に送る。
 「新型コロナウイルス感染症の流行で例年六月に行っておりました生活状況調査の訪問は十一月(予定)に延期されました」「今後の流行も危惧されております。引き続き感染予防とともに、季節柄、熱中症にも気を付けてお過ごしください。なお、困りごと、ご相談等ございましたら、電話に...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報