本文へ移動

渋野日向子が無観客開催に「思ったよりも自分の声が入ると思う。言葉には気を付けなきゃ」今季開幕戦へPCR検査も

2020年6月23日 12時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会場入りした渋野日向子(左)(ゲッティ/JLPGA提供)

会場入りした渋野日向子(左)(ゲッティ/JLPGA提供)

  • 会場入りした渋野日向子(左)(ゲッティ/JLPGA提供)
  • PCR検査を受ける渋野日向子(左)(ゲッティ/JLPGA提供)
  • 練習ラウンドでショットを打つ渋野日向子(ゲッティ/JLPGA提供)
 国内女子ゴルフツアーの今季開幕戦として25日から千葉県袖ケ浦市のカメリアヒルズCCで開催されるアース・モンダミン・カップに備え、大会会場で23日、練習ラウンドが始まった。シード選手らはこの日から会場入りが可能。新型コロナウイルスの影響で宅配便などを利用した輸送ができないため各自がバッグを持ち込み会場入りした。クラブハウスの入り口では検温とPCR検査を受けた。
 昨年8月の全英女子オープンで優勝し、昨季の賞金ランキング2位だった渋野日向子(21)=サントリー=もマスク姿で会場入り。9ラウンドの練習ラウンドではグリーン周りからのショットやパッティングを中心に調整した。
 インターネットを通じた記者会見では「今の状態は15パーセント。筋肉痛で距離が全然飛んでいなかったので、練習ラウンドにならないなと思いながら練習した。PCR検査は思ったよりもスムーズだった」と話した。
 約半年ぶりの大会とあって、仲の良い選手と会うのも久しぶり。「(同学年の)大里桃子と木下彩と普段はハイタッチやハグをするが、今日はヒジタッチもせず肘を出しただけだった」。無観客での開催について聞かれると「思ったよりも自分の声が(インターネット中継に)入ると思う。言葉には気を付けなきゃ、と思う」としぶこ節で答えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ