案内看板で羽咋ぐるっと 市観光協 5カ所に設置

2020年6月23日 05時00分 (6月23日 10時37分更新)
市内5カ所に設置した案内看板=羽咋市の妙成寺で

市内5カ所に設置した案内看板=羽咋市の妙成寺で

  • 市内5カ所に設置した案内看板=羽咋市の妙成寺で

 はくい市観光協会は、県境をまたぐ移動の自粛が解除されたことに合わせ、羽咋駅や道の駅のと千里浜など羽咋市内五カ所に観光案内看板を設置した。拠点となる駅と道の駅から、観光客が人気観光地を巡りやすくすることで、周遊型観光を促す。
 残る三カ所は気多大社、妙成寺、千里浜レストハウスで、各看板でそれぞれの場所までの距離を示している。協会や各施設のホームページを閲覧できるQRコードを掲示し、行く前に詳しい情報が得られるよう工夫した。
 今後は、掲示や設置する施設の数を増やしたい考え。若城はる美副会長は「QRコードも活用してもらい、滞在時間を長くすることで飲食や宿泊につなげていければ」と話した。 (林修史)

関連キーワード

PR情報