本文へ移動

コロナ「復興」参加型フェス 9月、「フェニックスまつり」の代替 

2020年6月23日 05時00分 (6月23日 09時54分更新)

チアダンス、漫才原則何でもOK


 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で中止になった福井市の夏の祭典「福井フェニックスまつり」に代わって楽しんでもらおうと、市民参加型のまつり「フェニックスフェス」が九月二十七日午前十時〜午後九時、JR福井駅西口のハピテラスで開かれる。主催するフェス実行委員会はステージでパフォーマンスを披露する参加者を募っている。参加無料。 (鈴木啓太)
 フェスは、民間事業者らで四月に設立した県まちづくりセンターが企画し、実行委をつくった。新型コロナからの福井の「復興」を目指す。出演はライブやチアダンス、漫才など原則何でもOKで、まつりに参加できなかったパフォーマーの出演の場にもしてもらう。当日は動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信もする。
 実行委の担当者は「催しがなくなり、関係者からモチベーションが下がったとの声も聞いており、フェスで頑張ろうと思ってもらいたい。オンラインでも見られるので、福井出身の県外の方に福井が懐かしいなと思ってもえるような催しにしたい」と話している。
 応募者向けの説明会を六月二十八日午前十時半〜十一時と同月二十九日午後六時半〜七時、ビデオ会議サービス「Zoom(ズーム)」を使って開く。二十七日までに、メール(utage@ekimaemall.jp)で名前、パフォーマンス内容、参加日を送る。(問)県まちづくりセンター=0776(30)0606

関連キーワード

おすすめ情報