交通安全「光ってこそ」 県庁に“家族”登場

2020年6月23日 05時00分 (6月23日 05時00分更新) 会員限定
フラッシュ撮影で反射材がカラフルに光る「交通安全家族」=県庁1階ホールで

フラッシュ撮影で反射材がカラフルに光る「交通安全家族」=県庁1階ホールで

  • フラッシュ撮影で反射材がカラフルに光る「交通安全家族」=県庁1階ホールで
 県庁の一階ホールに突如現れたマネキン一家。傍らには「光ってこそ、人生」の立て看板。フラッシュ撮影すると衣服や手持ちのつえなどがカラフルに光り、目立つことこの上ない。
 衣服などに取り付けた反射材の効果をアピールするこの「交通安全家族」は、シートベルトの着用や横断歩道での歩行者優先なども呼び掛ける。交通事故を自分事として考え、家族で話し合うきっかけにしてもらおうと県が企画し、二十二日にお披露目した。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧