本文へ移動

7.10プロ野球&Jリーグ観客解禁が7月場所に影響?無観客が基本も含み「先に入れてくれたら参考になる」

2020年6月22日 21時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月場所が開催される両国国技館

7月場所が開催される両国国技館

 日本相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)が22日、相撲記者クラブの代表取材に応じ、無観客開催を目指している7月場所(7月19日初日、東京・両国国技館)について、観客を入れて開催する可能性に含みを持たせた。
 尾車部長は「7月の無観客開催を目指す。この姿勢に変わりはない」とあらためて強調。ただ、プロ野球とJリーグが22日に7月10日から観客を入れて開催する方針を示したことを受け、言葉を選びながら慎重に話した。
 「初日の9日前か。微妙だなあ。(観客を)入れてもいいんだったら、入ってもらったほうが盛り上がると思うけど。まあ、先に入れてくれたら参考になる。野球やJリーグも入っているんだから、相撲も入ってもいいのかなと。理事会でいろんな意見が出て、先生方に入ってもらってOK(と言われる)ならそれもあるかもしれないし。最終的には専門家の先生方に従うのが一番でしょう」
 6月中には協会員約1000人に実施した抗体検査の結果が出る。その後に専門家の意見をあおいで感染予防のガイドラインを作成し、理事会で7月場所の開催を最終判断する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ