ジェンツーペンギン子育て中 豊橋総合動植物公園

2020年6月22日 05時00分 (6月22日 05時00分更新) 会員限定
今シーズン生まれた赤ちゃんペンギン=豊橋市ののんほいパークで(豊橋市提供)

今シーズン生まれた赤ちゃんペンギン=豊橋市ののんほいパークで(豊橋市提供)

  • 今シーズン生まれた赤ちゃんペンギン=豊橋市ののんほいパークで(豊橋市提供)
 豊橋市の豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で、ジェンツーペンギンが繁殖シーズンを迎えている。十九日時点で十羽のヒナが生まれており、親ペンギンのおなかの下から顔を出す赤ちゃんのかわいらしい姿が見られる。
 のんほいパークでは昨シーズン九羽が誕生。今シーズンは四月二十五日に産卵が始まり、五月三十一日に初めてのふ化が確認された。
 赤ちゃんペンギンは全身グレーのふわふわとした毛並みが特徴的で、親の足元に抱かれたり、餌をもらったりしている。
 順調に成長すれば約二カ月で巣立ち、親とほとんど同じ見た目となるという。のんほいパークの担当者は「今しか見られない親子のふれあいを見てほしい」と話している。 (斎藤徹)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報