夏山シーズン安全祈る 恵那・望郷の森で山開き

2020年6月22日 05時00分 (6月22日 05時00分更新) 会員限定
夏山シーズンの安全を祈願する参列者ら=恵那市中野方町の望郷の森で

夏山シーズンの安全を祈願する参列者ら=恵那市中野方町の望郷の森で

  • 夏山シーズンの安全を祈願する参列者ら=恵那市中野方町の望郷の森で
 恵那、中津川の両市にまたがる笠置山(一、一二八メートル)の山頂近くにあるキャンプ場「望郷の森」の山開きが二十一日、恵那市中野方町の現地であった。
 地元関係者らでつくる管理組合が主催。市や市観光協会の関係者らを交えた二十人余が参列し、神事を通じて夏山シーズンの安全を祈願した。
 管理組合の池戸省三組合長は新型コロナウイルス感染防止を最優先する姿勢を強調した上で「坂折棚田やクライミングエリア、クリ園など、周辺の観光資源と連携、協力しながら運営していく」とあいさつした。
 キャンプ場はコロナ禍に伴い四月中旬から休業。今月六日から営業を再開している。施設、設備の消毒の徹底に加え、従来は一日十五組前後の利用客を五組に制限するなどの感染防止対策を講じている。(問)中野方振興事務所=0573(23)2111 (長谷部正)

関連キーワード

PR情報