巨人サンチェス気合の丸刈り効果 5回2/3を1失点で来日初登板勝利「新鮮な気持ちで挑んでいきたい」

2020年6月21日 18時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・サンチェス

巨人・サンチェス

  • 巨人・サンチェス

◇21日 巨人〇7-1●阪神(東京ドーム)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が5イニング3分の2を4安打1失点にまとめ、来日初登板勝利を飾った。1回に近本に先頭打者アーチを食らうなど、やや不安な立ち上がりだったが、その後は150キロ台の直球を中心に攻めの投球でゼロを積み重ねた。6回2死満塁とされたところで、高木に交代となった。
 サンチェスは「まだまだ納得できる内容ではないが、良い方向に向かっていると思う。日本での開幕、新たなスタート、新鮮な気持ちで挑んでいきたい。点を取ってくれた野手のみんなと、ピンチを抑えてくれた高木に感謝している」とコメントした。
 13日の日本ハムとの練習試合(東京ドーム)では、3イニング7安打6失点と炎上。その後、18日の3軍戦に登板し、1イニング3分の1を無失点に封じてからの本番だった。さらに、髪形を丸刈りにするなど気合を入れていただけに、結果が出て本人もひと安心だろう。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ