BCL2カ月遅れ開幕 新体制逆転で初陣飾る

2020年6月21日 05時00分 (6月21日 12時23分更新)
 新型コロナウイルスの影響で延期が続いていた野球の独立リーグ「ルートインBCリーグ」は二十日、約二カ月遅れで開幕を迎えた。福井ワイルドラプターズは越前市の丹南総合公園野球場で、オセアン滋賀ブラックスに5−1で勝利。新体制となり、初の公式戦で勝利をつかんだ。
 福井の試合は新型コロナウイルスの感染予防対策として無観客で行われ、七回成立後、二時間四十五分を超えて新しいイニングに入らないとする特別ルールが適用された。
 次戦は二十一日、午後一時から滋賀県東近江市の湖東スタジアムでオセアン滋賀ブラックスと対戦する。

4長短打集め 三回に5得点

(規定により七回試合終了)

 
(滋)大村、金城、寺本、タバーレス−浜部
(福)浜田、藤本、高橋−坂本
▽二塁打 ティルマン、山根、上下(福)片山(滋)
 ○…三回に打線がつながり、逆転した福井が粘る滋賀を振り切った。
 福井は1点を追う三回、先頭の佐藤が四球で出塁し、二盗、三盗に成功。四球なども絡み、1死一、三塁から今津の左前適時打、ティルマンの右越え適時二塁打など4長短打を集め5得点した。
 先発の浜田はけん制で2失策するも、五回を被安打6の1失点にまとめた。ドラフト候補で抑えの高橋は、一回を2奪三振と好火消しを見せた。

関連キーワード

PR情報

福井ワイルドラプターズの最新ニュース

記事一覧