巨人先発・田口は5イニング1失点 阪神・原口に同点被弾も「粘り強く投げることはできた」

2020年6月20日 16時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表2死、原口(左)に同点本塁打を打たれた巨人・田口

4回表2死、原口(左)に同点本塁打を打たれた巨人・田口

  • 4回表2死、原口(左)に同点本塁打を打たれた巨人・田口

◇20日 巨人-阪神(東京ドーム)


 巨人・田口麗斗投手(24)が5イニング4安打1失点と好投した。ゆったりとしたフォームから140キロ台の直球と変化球のコンビネーションで試合をつくった。1点リードの4回に原口に同点弾を浴びたが、その後も崩れることなく丁寧な投球をみせた。
 91球を投げた田口は「行けるところまで、行くと強い気持ちを持ちマウンドに立ちました。球数は多くなってしまい、ホームランも打たれましたが、走者をかえさずに最少失点で、粘り強く投げることはできたと思います」とコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ