ヤクルト・山田哲人が2戦連続初回弾の先制2ラン!中日・吉見の直球をバックスクリーンへ

2020年6月20日 14時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト-中日 1回表無死一塁、山田哲が中越えに先制2ランを放つ。捕手木下拓

ヤクルト-中日 1回表無死一塁、山田哲が中越えに先制2ランを放つ。捕手木下拓

  • ヤクルト-中日 1回表無死一塁、山田哲が中越えに先制2ランを放つ。捕手木下拓

◇20日 ヤクルトー中日(神宮)


 ヤクルト・山田哲人内野手(27)が20日の中日戦(神宮)で先制2号2ランを放った。初回無死一塁で吉見の真っすぐをバックスクリーンに放り込んだ。
 前夜の開幕戦も初回に2ランを放った2番打者。同じシチュエーションでの2試合連続アーチに「ファーストストライクから積極的に打つことができました。良い角度がついてくれてよかったです」とコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ