本文へ移動

松山英樹は予選落ち ツアー再開後の初戦「思ったより普通にできた。慣れていくしかない」

2020年6月20日 10時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2日、スコアを伸ばしたものの予選落ちした松山英樹(AP)

第2日、スコアを伸ばしたものの予選落ちした松山英樹(AP)

 【ヒルトンヘッド(米サウスカロライナ州)テッド・ムース】新型コロナウイルス禍明けの米男子ツアー第2戦、RBCヘリテージ第2日が19日、当地のハーバータウンGL(7099ヤード、パー71)であった。前日134位と出遅れた松山英樹(28)=レクサス=は3バーディー、2ボギーの70と伸ばしたものの、通算2オーバーで予選落ちした。松山の予選落ちは今季2度目。
 松山はプレー後「まだ(自分を)信じ切れていない。グリーンの読みも当たらなかった。もう少し試合をしないと分からないことがある」と反省。自身にとってはツアー再開後の初戦だったが「思ったより普通にできた。試合前のテストなど、これからも続く。慣れていくしかない」と語った。
 首位は2日連続で65をマークし、通算12アンダーにしたウェブ・シンプソン(米国)。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ