本文へ移動

首相重用、河井夫妻も「お友達」?

2020年6月20日 05時00分 (6月20日 05時01分更新)
河井克行前法相の公式サイトに掲載された「月刊河井克行」の2016年錦秋号。首相のアフリカ訪問に随行した様子を伝えている

河井克行前法相の公式サイトに掲載された「月刊河井克行」の2016年錦秋号。首相のアフリカ訪問に随行した様子を伝えている

  • 河井克行前法相の公式サイトに掲載された「月刊河井克行」の2016年錦秋号。首相のアフリカ訪問に随行した様子を伝えている
  • 2019年7月の参院選で河井案里氏(左)の応援演説に駆け付けた安倍晋三首相=広島市で
  • 自民党本部=東京・永田町で
 昨年7月の参院選を巡る公選法違反(買収)の疑いで、河井案里参院議員と夫の克行前法相が、東京地検特捜部に逮捕された。かねて安倍晋三首相や二階俊博幹事長は突き放すような姿勢を見せてきたが、克行前法相を外交の特使として起用したり、案里議員の擁立を主導したりするなど、肩入れぶりは際立っていた。買収を否定しているとされる夫妻の捜査はこれからだが、安倍政権はなぜ、これほど重用してきたのか。 (榊原崇仁、中山岳)
 河井夫妻が逮捕された十八日、安倍首相は記者会見で「逮捕は遺憾。任命した者として責任を痛感している」と述べたが、具体的な責任の取り方はあいまいなままだった。
 首相は十六日にも「国会議員はかけられた疑惑について、しっかり説明する責任を負っている」と人ごとのような口ぶり。自民党の二階幹事長も同日は「党に影響を及ぼすほどの大物議員でもない」と、まるで尻尾切りを狙うような言い方だった。
 しかし、克行前法相と首相の足跡からみると、二人の「蜜月ぶり」を覆い隠すことは難しい。
 克行前法相は二〇一五年十月から首相補佐官に起用された。前任者は「首相のお友達」とやゆされた礒崎陽輔氏。側近中の側近とも言えるポストだ。克行前法相は当時、自らのホームページで掲載する活動報告「月刊 河井克行」で、首相との関係を繰り返し押し出していた。
 一六年盛夏号では、首相が山形県の農家を訪れた際に同行した様子をPRしたほか、同年錦秋号では、首相とともにアフリカに向かう写真を表紙に掲載。一七年新春号でも、首相らと一緒にこぶしを突き出して気勢を上げる写真を載せた。後任の首相補佐官のホームページの活動報告にもたびたび首相が登場するが、河井前法相の方が写真が目立ち「首相を行きつけの広島お好み焼き店に招いた」といったエピソードから親密ぶりが伝わってくる。
 克行前法相は一七年八月から、自民党の総裁外交特別補佐に就任。「月刊 河井克行」の一八年早春号では、首相から「今後は私の特命に基づいた議員外交を党において行うように」と命じられ、新設ポストの同補佐に登用されたとつづっていた。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の新着

記事一覧