44年の感謝込め、閉店セール開始 西武大津店、写真パネルも展示

2020年6月20日 05時00分 (6月20日 05時01分更新) 会員限定
7階特設会場で始まった、西武大津店の歩みを振り返る展示=大津市におの浜の同店で

7階特設会場で始まった、西武大津店の歩みを振り返る展示=大津市におの浜の同店で

  • 7階特設会場で始まった、西武大津店の歩みを振り返る展示=大津市におの浜の同店で
 八月末に閉店する西武大津店(大津市におの浜)で十九日、四十四年間の感謝を込めたセールや企画が始まった。閉店へのカウントダウンが始まり、訪れた客からは「いよいよか」との声も漏れた。
 同店は一九七六年六月十八日に開店。西武グループの創業者で大津市名誉市民でもある、故堤康次郎氏=愛荘町出身=の出身県に立地し、長年愛されてきた。新型コロナウイルス対策のため、折り込みチラシは配布しなかったが、休日並みに人が集まったという。
 七階の特設会場では、これまでの同店の歩みを振り返る展示がスタート。完成前の様子や開店初日の行列、周辺の街並み、開店直後の外観や各階などを撮影した写真パネル七十枚を展示。開店記念のマグカップなども置いている。今後もパネルを増やすという。
 お中元を買いに来たという大津市石山地区の無職丸山一良さん(84)は「(建設の)工事中から見てきた。寂しいなあ」と懐かしんだ。
 この日から始まった「ご愛顧感謝セール」では、婦人服や雑貨などが10〜50%割引になるなど、お買い得品が並んだ。大津店周辺の名所や地図をプリントした限定のト...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報