本文へ移動

原監督しみじみ 巨人6000勝「86年目を迎えるジャイアンツの重さ、重みを非常に感じる」

2020年6月19日 21時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
球団通算6000勝を達成し、記念のボードを笑顔で掲げる巨人の原監督

球団通算6000勝を達成し、記念のボードを笑顔で掲げる巨人の原監督

 球団通算6000勝を達成した巨人の原辰徳監督(61)は19日、試合終了後に節目の勝利を飾った重みをかみしめた。
 「86年目を迎えるジャイアンツ。6000という数字をわれわれが刻むことができたっていうのは大変光栄なこと。またこの6000という数字にジャイアンツの重さ、重み、そういったものを非常に感じる。ユニホームを着ることの喜びをしっかり持った形でまた明日からつなげていきたい」としみじみと振り返った。
 新型コロナウイルスの影響で開幕が3カ月遅れるなど異例ずくめのシーズンになる。「どういう形であってもわれわれは戦いを挑み、勝利を望みながら戦いをしていきます。われわれが真剣に勝負に挑んでいるという姿を見てもらって、楽しんでもらえればいいなという風に思います」と力強く語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ