本文へ移動

新大関の朝乃山が気合「またパレードができるように頑張りたい」 大相撲7月場所初日まで1カ月

2020年6月19日 19時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝乃山

朝乃山

 大相撲7月場所初日(7月19日、両国国技館)まで1カ月となった19日、新大関の朝乃山(26)=高砂=が日本相撲協会を通じて取材に応じた。
 この日、プロ野球が開幕。相撲界はまだ出稽古も解禁されていない状況だが「部屋で稽古すれば問題ないと思います。早く本場所の土俵で相撲を取りたいと思っています」と話した。
 昨年夏場所で初優勝を飾り、その場所後の6月は地元の富山、母校の近大でパレード。「1年がたつのは早いと実感しています」としたが、「またパレードができるように頑張りたい」と気合を入れる。
 「緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断はできません。一人一人自覚を持って行動しましょう。七月場所では力士全員の応援をよろしくお願い致します」と看板力士としてファンへ語りかけた朝乃山。
 相撲協会は来週にもプロジェクトチームを集め、7月場所開催へ向けて話し合いを重ねていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ