音楽生配信 地域元気に  来月4日に無観客コンサート  福井市河合公民館など

2020年6月19日 05時00分 (6月19日 09時57分更新)
「音楽で地域の人を元気にしたい」と話す藤田さん=福井市河合公民館で

「音楽で地域の人を元気にしたい」と話す藤田さん=福井市河合公民館で

  • 「音楽で地域の人を元気にしたい」と話す藤田さん=福井市河合公民館で

 新型コロナウイルスの影響を受ける地域住民を元気づけようと、福井市河合公民館などは七月四日、地区内で無観客コンサートを開く。夕日を背景に、トランペットやトロンボーンなどが高らかに響く様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信する。悪疫退散の思いを込め、演奏後には花火を打ち上げる。
 同公民館では二カ月に一回、アマやプロの音楽家が出演する「ほっとコンサート」を開いているが、新型コロナの影響で二月から中止になっている。
 「地域の方に疲れがたまっているのを感じていた。音楽で皆さんを元気にしたい」と主事の藤田育代さん。「ほっと コロナに負けるな!コンサート」と銘打ち、無観客で開催することを決めた。
 当日は、県内メンバーでつくるディキシーランドジャズを中心に演奏活動をするバンド「ディキシー・ハピネス」と、トランペット奏者タニロッソさん(坂井市)が出演。トランペットのファンファーレから始まり、夕日を背に三十分ほど演奏する。演奏後に花火を打ち上げる。六月末まで、花火の協力者を一玉三千円で募っている。協力者が多いほど、打ち上げ数が増える。
 日没ごろ、地区内の夕日が見られる穴場の会場から、動画配信する。人が集まることを避けるため、開催時間と場所は非公表。
 自身もほっとコンサートへの出演経験がある藤田さんは「美しい夕日と演奏に心を癒やしてもらえたら。直接見る場合は、密にならないように気を付けてほしい」と話している。
 雨天でもコンサートは屋内で実施し、花火は後日に延期する。ユーチューブのURLは当日、公民館のラインやフェイスブックへ流す。(問)河合公民館=0776(55)0001 (山口育江)

関連キーワード

PR情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧