蒲郡と田原の計3海水浴場が今季閉鎖、コロナ影響

2020年6月19日 05時00分 (6月19日 05時00分更新) 会員限定
 県は十八日、県内二十二海水浴場の水質検査結果をホームページで公表した。水質が良好な部類の「適」とされたのが美浜町の小野浦など八カ所、「可」とされたのが十四カ所でいずれも合格だったが、新型コロナウイルスの影響で既に三カ所が今シーズンの開設中止を決めている。
 検査は五月十一〜二十六日、各海水浴場の三カ所で二日に分けて採水し、大腸菌群数などを測定。きれいな順にAA、A、B、C、不適の五段階の水質区分で全ての海水浴場がB以上で合格した。
 県は今年の開設動向も調査し、蒲郡市の三河大島東浜と田原市の白谷、仁崎の三カ所が「開設中止」、他に三カ所が「検討中」と回答した。開設予定の十六海水浴場で、最も早い美浜町内の四カ所は十九日に開設する。
 ◇水質検査の結果は次の通り(開設中止を除く)
 【適】水質AA 小野浦(美浜町)内海、日間賀島東浜(南知多町)西浦温泉(蒲郡市)伊良湖(田原市)▽水質A 山海、日間賀島西浜、篠島(南知多町)【可】水質B 新舞子マリンパークブルーサンビーチ(知多市)大野、りんくう海浜緑地、坂井(常滑市)奥田、若松、野間(...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報