本文へ移動

今の調子は?…松山英樹「めちゃくちゃ悪い」3カ月ぶり“実戦”へ心境 コロナについては「誰かかかればその場で試合を中止に」

2020年6月18日 14時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

 米男子ゴルフツアーの再開2戦目となるRBCヘリテージに出場する松山英樹(28)=レクサス=は17日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドのハーパータウン・リンクスで最終調整した。一問一答は以下の通り
 ―3カ月間中断していた
 松山「なかなかうまく調整できなかったが、気持ちは切らさずにできた。(首位で中断したが)それはまったく何も思わなかった。それより、ゴルフがこうやってできるので、感謝しながら頑張りたい」
 ―今の調子は
 「めちゃくちゃ悪い。いつ再開するか分からず、自分の気持ちの切り替えがうまくできなかった。自分のやりたいことをやっていたら、あっという間の3カ月だった」
 ―日本に一時帰国していた
 「宮崎で練習していた。仙台にも行った。練習できる場所を探しながらやっていた。米国には2週間前に帰ってきた。どこまで家から一歩も出ちゃいけないのか、練習は行っていいのか、そういう情報がないので、とりあえず人が少ない所で、誰とも接触しないようにしていた。コースも回った。でも暑かったので、あまり外に出たくなかった」
 ―今不安に思うことは
 「ここ(試合)に出る以上、(ウイルスに)かかったらかかったで仕方ない。しっかりとかからないように気を付けるが、誰かかかれば(その選手だけを棄権にするのでなく)その場で試合を中止にしてほしい。消毒薬は持ち歩いてます」
 ―ツアーが順調に進めば、これからメジャーが続く
 「最初のメジャー(8月の全米プロ)まで1カ月ちょっとある。その前に何試合か出ると思う。でも、11月のマスターズに出たいから、無理に行動するのは今の状況ではよくないと思う。ここだったら行けるんじゃないかとか、感染しないためにどうしたらいいかを考えながら。移動の回数も減らしたい」
 ―このコースは6年ぶり
 「狭いです! グリーンも小さいし、空中のハザードがすごく感じられる。すごく高いショット力とパッティングの技術が問われる。まずは4日間完走できるように」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ