本文へ移動

一夜限りの美しさ 坂井ゲッカビジン開花

2020年6月18日 05時00分 (6月18日 09時35分更新)
甘い香りを漂わせ、大輪を咲かせるゲッカビジン=坂井市の県総合グリーンセンターで

甘い香りを漂わせ、大輪を咲かせるゲッカビジン=坂井市の県総合グリーンセンターで


 坂井市の県総合グリーンセンターで十六日夜、サボテン科のゲッカビジン(月下美人)が今年も開花した。真っ白な大輪は一夜限りの命。初夏の風に揺れ、マスク越しでもはっきりと分かる甘い香りを漂わせた。
 同センターでは十三年前から五鉢で栽培。メキシコが原産地とあって冬場の温度管理や水やりには気を配り、今年は四鉢が計七個のつぼみを付けた。この日は午後七時半すぎから一斉にほころび始め、同十時すぎには直径十五センチほどの花が満開に。
 花を咲かせるのは九年連続で、同センターでは二〇一六年度からは開花時に一般公開。今年は開花予想が十七、十八両日から突如早まっただけに例年よりもファンは少なめだったが、はかない美しさと華やかな香りを満喫していた。 (北原愛)

関連キーワード

おすすめ情報