県自粛要請 あす緩和 飲食店やライブハウス

2020年6月18日 05時00分 (6月18日 09時33分更新)

 新型コロナウイルス感染症の感染第一波が収束したことを受け、県は十九日に行動自粛要請を一段階緩和する。首都圏などとの往来自粛が解除され、接客を伴う飲食店やライブハウスの利用自粛要請も終了。経済活動の再開と感染第二波の抑止を両立させる「第二段階」に移行する。(今井智文)
 県は十八日まで、首都圏など一部の都道県との往来自粛を要請しているが、十九日からは感染が発生している地域に行く場合も、感染防止に注意して行動するよう要請するにとどめる。屋外で近くに人がいないときのマスク着用も求めない。屋内での着用、手洗いの徹底などは引き続き要請する。
 接待を伴う飲食店やライブハウスなどは、政府が十三日に公表した各業種の対策指針に従い、客の入店前の検温や連絡先の提出、対人距離の確保などの対策を徹底してもらった上で利用自粛要請を解除する。
 コンサートや展示会は、十八日まで参加人数を屋内で百人までとするなどの制約があったが、十九日以降は屋内外ともに千人までに緩和する。参加者を施設の収容定員の50%以内にとどめるという条件は引き続き変更しない。二十日に開幕する野球の独立リーグ「ルートインBCリーグ」など、プロスポーツも無観客で開催できるようになる。全国から客が集まる祭りなどは引き続き自粛を要請する。

関連キーワード

PR情報