静岡文化芸大の男性教授 セクハラで懲戒解雇

2020年6月18日 05時00分 (6月18日 05時02分更新)
 静岡文化芸術大(浜松市中区)は十七日、複数の学生にセクハラ行為などをしたとして、文化政策学部の五十代の男性教授を懲戒解雇処分にしたと発表した。
 同大によると教授は二〇一九年五月ごろから二〇年二月ごろまで複数の学生に対し容姿や恋愛経験に触れる発言やLINE(ライン)での連絡に短時間で応答することを強制したほか、わいせつ行為を複数回したとされる。学生から三月に大学側に相談があった。
 横山俊夫学長は「このようなことが二度と起こらないよう、精神面の反省にとどまらず、制度の見直しなどを全学で取り組む」とコメントを出した。

関連キーワード

PR情報