本文へ移動

A.B.C-Z 動画でエール 「SNS通してのブルーインパルスに」 初主演映画「オレたち応援屋!!」企画

2020年6月18日 08時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
主演映画「オレたち応援屋!!」の公式SNSを立ち上げるA.B.C―Z。左から塚田僚一、河合郁人、橋本良亮、戸塚祥太、五関晃一

主演映画「オレたち応援屋!!」の公式SNSを立ち上げるA.B.C―Z。左から塚田僚一、河合郁人、橋本良亮、戸塚祥太、五関晃一

 アイドルグループ「A.B.C-Z」のメンバー5人の初主演映画「オレたち応援屋!!」(竹本聡志監督)が今年公開されるのに先駆け、同作の公式SNS(インスタグラムとツイッター)が18日午前8時に開設される。特設ページで「A.B.C-Zに応援してほしいこと」を募集し、各メンバーが動画でエールを送る企画からスタートする。このほど、メンバーを代表して河合郁人(32)と橋本良亮(26)が取材に応じ、意気込みを語った。
 「なんでこのタイミングかっていうのが意味深いんですよね」。橋本がしみじみと語った。映画の撮影は昨年行われ、このSNSを通じたプロジェクトもメンバーの発案で進められていた。そんな中で新型コロナウイルスがまん延。日本中を元気にするためにうってつけの応援企画となった。
 5人にとって初めてのSNS。橋本は「インスタは(ジャニーズの)先輩方が開設されているし、本当にやりたかったんです。こういう話をいただいてよかったなと思っています。山P(山下智久)のフォローができるし」と素直に喜んだ。
 応援動画については「塚田(僚一)さんだったらアクロバットやストレッチ、河合さんだったらモノマネ、とっつー(戸塚祥太)はギター、五関(晃一)くんはダンスとか、ひとりひとりのカラーを全世界に知ってもらいたい」とし、「僕はA.B.C-Zの中では歌に自信があるので、何か作詞作曲だったりして元気づけられたら」と特技をアピールした。
 河合は5月に放送された日本テレビ系「ものまねグランプリ 次世代ものまね芸人No.1決定戦」に初参戦。ジャニーズタレントのモノマネを連発して準優勝し、大きな話題を呼んだ。「緊急事態宣言が出てから、何かやりつづけるもの見つけようと思って『35日間連続、毎日いちモノマネ』ってひとりで動画を撮っていたのでストックはある。ものを見せて元気になっていただいたりとか、皆さんに喜んでいただけるサプライズの発表ごともしていきたい」と予告した。
 ジャニーズは自社の社会貢献・奉仕活動「Smile Up!Project」を通じ、外出自粛中の人たちに向けてA.B.C-Zを含む所属タレントがさまざまな形の動画を公式ユーチューブチャンネルで公開してきた。5人は今後、新しい生活様式の中で日々まい進する人たちにパワーを与える。
 橋本は「(航空自衛隊の)ブルーインパルスが医療チームに向けて飛んだじゃないですか。それでまた頑張ろうって行く気持ちになった。だから僕たちはSNSを通してのブルーインパルスになりたい」と気を引き締めていた。
 ■Instagram:@oenya_official(https://www.instagram.com/oenya_official/)
 ■Twitter:@oenya_official(https://twitter.com/oenya_official)
 ■特設ページ:https://ssl.toho-marketing.com/oenya_message/

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ