草津でスイレン展 色や香りで心を癒やして

2020年6月18日 05時00分 (6月18日 05時00分更新) 会員限定
見頃を迎えているピンク色のスイレンの花=草津市下物町の市立水生植物公園みずの森で

見頃を迎えているピンク色のスイレンの花=草津市下物町の市立水生植物公園みずの森で

  • 見頃を迎えているピンク色のスイレンの花=草津市下物町の市立水生植物公園みずの森で
 草津市立水生植物公園みずの森(同市下物町)で、百種類以上のスイレンの色や香りを楽しめる「スイレン展」が開かれており、ピンクや黄色の花が見頃を迎えている。二十八日まで。
 敷地内の池や水槽、温室などでスイレンを栽培。水槽では、ピンク色のコロラド、ピンクスパークルなどが手のひらほどの大きさの花を開かせており、来場者たちは「きれいね」と声を上げながら、スマートフォンなどで撮影を楽しんでいた。
 新型コロナウイルスの影響で屋外へのお出かけが好まれているためか、施設では今月二日の営業再開後、多い日で一日六百人近くが入館。昨年比で五割増しの人出でにぎわっている。担当者は「ゆっくりとお花を見て、コロナ疲れを癒やしてほしい」と話していた。
 花が開く午前中の来場を勧めている。入館料は大人三百円(六十五歳以上は半額)、高校・大学生二百五十円、中学生以下無料(税込み)。月曜休園。 (作山哲平)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧