本文へ移動

今年のインカレは『特別な全国大会』として規模拡大へ…総理大臣杯中止で“救済措置”下部リーグにも出場権

2020年6月17日 21時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年のインカレで優勝した明大の選手たち=2019年12月

昨年のインカレで優勝した明大の選手たち=2019年12月

 今季の大学サッカーは、例年8~9月開催の総理大臣杯全日本大学トーナメントの中止がすでに決まっている。一方、本年度に限り、各地区のリーグ戦終了後に開催される全日本大学選手権(インカレ)を「特別な全国大会」として名称を変更し、規模を拡大して行うことが検討されている。
 インカレには各地区の1部リーグ上位校と総理大臣杯優勝校しか出場できないが、総理大臣杯には予選を突破すれば下部リーグ所属校でも参戦できる。総理大臣杯の出場機会を失った下部リーグ所属校にも全国大会への門戸を開こうとの考えから、関東の例でいうと、総理大臣杯予選を兼ねていた関東大学トーナメント(9月以降に開催予定)の上位5校に「特別な全国大会」への出場権が与えられることになった。
 この全国大会には関東から9校が参加する。関東大学トーナメントの上位5校のほか、関東大学1部リーグの上位4校が無条件に出場できる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ