本文へ移動

伊豆 (2)温泉丸 ダイバー温める特等席

2018年11月20日 05時00分 (6月17日 17時14分更新)

ウエットスーツのまま入れる廃船利用の露天風呂「温泉丸」

 温泉が点在する伊豆半島で、いとう漁協が運営する富戸(ふと)ダイビングサービス(伊東市富戸)に変わった露天風呂がある。
 伊豆の美しい海中景観に魅了されたダイバーたち専用の露天風呂「温泉丸」。ウエットスーツのまま入ることができる。ボラ漁の廃船を利用した源泉掛け流しの湯を、潮の香りが包む。
 裏山の対馬(たじま)温泉から湧き出る低張性・アルカリ性の湯は七〇度。いくらウエットスーツのままでも熱すぎる。試行錯誤の末、定置網漁師が作った魚の網に、源泉を霧状に当てて温度を下げる方法に落ち着いた。
 同サービスの猪狩克裕さん(54)は「海面の輝きや魚が跳ねるのを見ながら、ゆっくり冷えた体を温めてほしい」と話す。
写真・文 立浪基博

関連キーワード

おすすめ情報