本文へ移動

オコエ桃仁花「私と兄で毎日涙目になりながら支えあった」兄・瑠偉が肌の色の違いで「毎日辛すぎた」経験明かす「おんなじ境遇の人、またその両親の少しでも励みになれば」

2020年6月16日 16時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オコエ瑠偉と妹の桃仁花

オコエ瑠偉と妹の桃仁花

 プロ野球楽天のオコエ瑠偉(22)と妹でバスケットボールの富士通に所属するオコエ桃仁花(もにか、21)がそれぞれ自身のツイッターで幼少時から周囲と肌の色が違うことで苦しんでいた経験をつづった。
 兄の瑠偉は15日の午後11時過ぎに投稿。「おんなじ境遇の人、またその両親の少しでも励みになれば」と記し、幼少期に「醜いアヒルの子」の絵本をきっかけに周囲との違いを痛感したことや、親の似顔絵を描くときに茶色のクレヨンで肌を塗って笑われたこと、「毎日が辛すぎた」とベランダから飛び降りるイメージをするほど追い詰められたことなどを記した。野球を始めてからの経験も記し、先輩たちにののしられ、「甲子園には黒人は出るな」などと心無い言葉を掛けられることもあったという。
 その後、妹の桃仁花が16日午前8時前に投稿。兄の投稿を添付し「これを読んだ時涙が止まらなかった。私と兄で毎日涙目になりながら支えあってた日々。私は兄がいなかったら内気な女の子でバスケもやってなかったな~。本当にここには書ききれない。兄の背中は偉大でした。私達を見守ってくれてありがとう神様」とつづった。
 オコエ兄妹はナイジェリア人の父と日本人の母との間に生まれたハーフ。今回の投稿に瑠偉のツイッターで「#BlackLivesMatter」と記していることから米国の黒人男性暴行死に対する抗議活動が理由だとみられ、反黒人差別の動きは女子テニスの大坂なおみ、米大リーグのダルビッシュ有(カブス)、大谷翔平(エンゼルス)などスポーツ界にも広がっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ