特集<生きるために・南海トラフ地震 三重>第20回 伊勢市の神社地区で逃げる

2020年6月16日 13時32分 (6月16日 15時29分更新) 会員限定
 海に面している地区でも、山や丘などの高台がない地域がある。
 そんな土地でありながら、都市部で人口も多い伊勢市神社(かみやしろ)地区は、南海トラフ地震が発生し津波が押し寄せたとき、どこに誰が逃げるのか。自分以外の動きも把握しつつ、限られた時間で遠くへ逃げるのか、それとも高い建物へと逃げるのか、迅速な判断を迫られる。事前にどれだけ準備するかが、命を守る鍵となる。
<中日新聞プラスの会員になると、紙面のPDFを見られます>...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

防災関連記事の最新ニュース

記事一覧