本文へ移動

“GK含む14人”ベンチ入り可能ならJリーグ開催へ 人数下回った場合でも「開催に向けて誠実に協議」

2020年6月16日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
村井満チェアマン

村井満チェアマン

 チーム内に新型コロナウイルス感染者や感染の疑いがある者が出た際のJリーグ開催の可否に関して、トップチーム登録のGK1人を含む14人がベンチ入り可能な場合は試合を開催する方向で検討している。16日に開かれる全56クラブの代表者による実行委員会で審議される。
 関係者によると、定期的に受検するPCR検査の陰性がベンチ入り可能の条件で、37・5度以上の発熱があれば、ベンチ入りはできない。試合開催可否の基準人数はGK1人を含むトップ登録の14人と設定。基準人数を下回る可能性がある場合、Jリーグと当該チームがチーム編成を協議の上、最終的には村井チェアマンが開催可否を判断するという。
 基準人数14人にユース所属の2種登録選手や特別指定選手は含まない。基準人数を下回った場合でも「試合開催に向けて誠実に協議する」スタンスで、即中止にはならないという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ