無観客試合、新名称は「リモートマッチ」…略称リモマ、リモマ応援者はリモーター 日本トップL連携機構が発表

2020年6月15日 18時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで記念撮影する川淵会長(中央下)と各リーグの代表者

オンラインで記念撮影する川淵会長(中央下)と各リーグの代表者

  • オンラインで記念撮影する川淵会長(中央下)と各リーグの代表者
 国内団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構は15日、オンラインで記者会見を開き、各競技で新型コロナウイルスの感染拡大防止策として実施する無観客試合に代わる新名称が「リモートマッチ」に決定したと発表した。
 制裁、懲罰などネガティブな意味合いが強い無観客試合に代わる新名称を今月3日からツイッター上で公募。9156件の応募があり、「ステイホームマッチ」「絆マッチ」「ワンハートマッチ」などの最終候補案の中から「最も分かりやすい」としてリモートマッチが選ばれた。略称を「リモマ」、リモートで応援する人を「リモーター」とすることも発表した。
 同機構の川淵三郎会長(83)は「日常にスポーツが戻ってきたという印象をかつてないほど体験してもらえる。スポーツの価値を認めてもらえるきっかけにしたい」と意欲的。Jリーグの村井満チェアマン(60)は「(観客)1000人でやるときは『リモート1000』、5000人の時は『リモート5000』、(収容率)50%の時は『リモート50%』としていきたい」とし、「一緒になって新しいスポーツをつくっていきたい」と呼び掛けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ