プロ野球選手会が47都道府県の高校野球“代替大会”へ1億円寄付 「すごいですよ」ソフトバンク松田が説明

2020年6月15日 15時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年8月、甲子園球場で行われた第101回全国高校野球選手権大会の開会式

昨年8月、甲子園球場で行われた第101回全国高校野球選手権大会の開会式

  • 昨年8月、甲子園球場で行われた第101回全国高校野球選手権大会の開会式
 日本プロ野球選手会は15日、オンラインで臨時大会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏の甲子園を中止した高校野球で、各都道府県の高野連が独自に開催する代替大会を支援するために総額1億円を寄付することを発表した。25日に選手会・炭谷会長と日本高野連・八田会長が同席して記者会見を行う。
 支配下選手登録の選手全員が寄付に参加し、47都道府県に均等に寄付金を割り振る予定。一般社団法人日本プロ野球選手会の松田宣浩理事長(ソフトバンク)は「(金額は)すごいですよ。センバツの特別試合はあるが、夏の甲子園はなくなった。選手会として寄付してあげたい、という思いでこうなった」と説明した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ