巨人から人的補償で移籍4年目…DeNAの平良が初の開幕ローテ入り「しっかり責任を持って投げたい」

2020年6月15日 08時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・平良拳太郎

DeNA・平良拳太郎

  • DeNA・平良拳太郎

◇14日 練習試合 中日2-2DeNA(ナゴヤドーム)


 DeNA・平良拳太郎投手(24)が、自身初の開幕ローテ入りを決めた。開幕前最後の練習試合の先発マウンドを任され、5イニングで83球を投げて5安打、1失点。「(プロ)7年目で初めてなので、しっかり責任感を持って投げたい」と意気込みを語った。
 初回は先頭・遠藤に二塁打を浴びるなどいきなり1死一、三塁のピンチを招いたが、落ち着いていた。「これまで右打者には真っすぐ、スライダーが多かったので、使えればアクセントになるんじゃないかと思った」。そのシンカーで、ビシエドを二ゴロ併殺に。左打席に入ったアルモンテにもシンカーは有効で、第2打席は空振り三振、5回1死一、三塁では一ゴロ併殺に仕留めた。
 上茶谷が右肘の張りで離脱した中、貴重な先発右腕。ラミレス監督も「きょうの投球を見ると平良は100%に近い状態に感じた」と目を細めた。開幕2カード目となる中日との3連戦が濃厚。平良は「使ってもらっているので、しっかり長いイニングを投げてチームに貢献し、少しでも多く勝てるようにしたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ