本文へ移動

Zoom活用『図夢歌舞伎』世界初オンライン新作 手掛ける松本幸四郎「舞台立てない今、新たな可能性を」

2020年6月14日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「図夢歌舞伎」の色紙を掲げて新たな挑戦へ思いを語った松本幸四郎

「図夢歌舞伎」の色紙を掲げて新たな挑戦へ思いを語った松本幸四郎

  • 「図夢歌舞伎」の色紙を掲げて新たな挑戦へ思いを語った松本幸四郎
  • 「仮名手本忠臣蔵」で大星由良之助を演じる松本幸四郎=2012年4月、新橋演舞場(C)松竹
 歌舞伎俳優の松本幸四郎(47)が構成・演出・出演する世界初のオンライン新作歌舞伎「図夢歌舞伎 忠臣蔵」が27日に“開幕”する。コロナ禍で歌舞伎界も大きな打撃を受ける中で、幸四郎は「舞台に立てない今、これからの新たな歌舞伎の形を考えて取り組む第一歩として、舞台中継とも映像作品とも異なる新たな歌舞伎の可能性を目指します」と意気込む。
 今回の「忠臣蔵」は、歌舞伎の三大名作の一つ「仮名手本忠臣蔵」をオンライン配信専用の作品として新たに構成し、全十一段の一大巨編を全5回に分けて上演する。幸四郎は大星由良之助をはじめ主要な役をリアルタイムで演じる。
 「図夢歌舞伎」はビデオ会話ツールZoomを活用することや、歌舞伎の手法を用いた映像作品の構想を長年温めていた幸四郎の“夢を図る”意味も込めて命名。別空間で演じる俳優や事前収録した幸四郎と、リアルタイムで演じる幸四郎が画面上で“共演”するなど、新技術を生かした驚きの演出も盛り込む。さらにチャット機能を活用して観客と双方向で楽しめるようにするなど、生の劇場体験に負けない臨場感や一体感のある上演を目指す。
 公演は27日から7月25日まで毎週土曜日に生配信し、上演開始時間は通常舞台の「昼の部」開幕に合わせて毎回午前11時にスタート。約30分間の上演後は、約30分間のトークイベントも行う。初回のチケット料金は四十七士にちなみ4700円(税込み)に設定し、16日からイープラスの新サービス「ストリーミングプラス」で発売する。
 幸四郎は「果たして歌舞伎の歴史に新たな1ページを刻むことができるのか、お客さまと一緒に創り上げていきたいと思います。それぞれのご自宅や職場が、皆さまだけの桟敷席に変身します」とアピールした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ