北山結子さん行方不明から23年 松阪駅で「情報提供を」

2020年6月14日 05時00分 (6月14日 05時00分更新) 会員限定
結子さんの特徴などを説明したパネル=JR松阪駅で

結子さんの特徴などを説明したパネル=JR松阪駅で

  • 結子さんの特徴などを説明したパネル=JR松阪駅で
  • 車内から拡声器で情報提供を呼び掛ける警察官=JR松阪駅で
 松阪市の松阪工業高校三年生だった当時十七歳の北山結子(ゆうこ)さん=明和町=が行方不明になって二十三年となった十三日、松阪署と県警捜査一課がJR松阪駅で情報提供を呼び掛けた。今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、チラシの配布を中止。父澄雄さん(67)と母博子さん(69)も参加を見合わせ、県警を通じて「引き続き情報提供をよろしくお願いします」とコメントを出した。
 結子さんは一九九七年六月十三日夜、明和町内の学習塾でアルバイトを終え、迎えに来た博子さんに「友人の家に行く」と伝えた。午後八時半ごろ、公衆電話から友人に連絡した後、消息を絶った。
 身長一五〇センチで髪形はおかっぱ。白色の半袖ブラウスに、いずれも黒色のベストとスカート姿だった。かご付きの黒色の自転車に乗っていた。
 この日は署員ら十人が、結子さんの特徴などを説明したパネル三枚を設置。拡声器で「事件を風化させるわけにはいきません。どんな情報でもいいので連絡を」と訴えた。松阪署の浜口紳一郎・事件指導官は「解決に向けた捜査活動を続けていく」と話した。
 署によると、延べ四...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報