待ってました、アユ釣り解禁 九頭竜川中部漁協

2020年6月14日 05時00分 (6月14日 05時01分更新) 会員限定
梅雨空の下、アユを釣り上げる土井さん=永平寺町の九頭竜川五松橋上流右岸で

梅雨空の下、アユを釣り上げる土井さん=永平寺町の九頭竜川五松橋上流右岸で

  • 梅雨空の下、アユを釣り上げる土井さん=永平寺町の九頭竜川五松橋上流右岸で
 九頭竜川中部漁協は十三日、県内河川のトップを切ってアユの友釣りを解禁した。雨が降り続くあいにくの天気となったものの、県内外から愛好者たちが訪れ、ポイントを探して手応えを楽しんでいた。
 同漁協によると、午前十時半までに三百人近くが訪れた。四十年近く九頭竜川に通う土井錬次さん(70)は「良いコンディションではなかったが、三十匹釣った。九頭竜川での友釣りは本当に楽しい」と待ちわびたさおの感触を堪能していた。友釣りは県内河川では一部を除き十一月末まで楽しめる。
 新型コロナウイルス感染防止対策として、釣り人が集まる「おとりアユ販売店」で、マスクの着用や密を避けるよう呼び掛けている。 
  (谷出知謙、山田陽)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報