本文へ移動

FC東京、ユニホームに「You'll Never Walk Alone」掲示 無観客でも…ファンとともに戦う!

2020年6月12日 22時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リーグ再開後の着用ユニホームの胸部分に「You’ll Never Walk Alone」を掲出する(FC東京提供)

リーグ再開後の着用ユニホームの胸部分に「You’ll Never Walk Alone」を掲出する(FC東京提供)

 FC東京は12日、リーグ再開後の選手着用ユニホームの胸部分に「You’ll Never Walk Alone(君は独りじゃない)」を掲出すると発表した。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客試合になったとしても、選手は東京サポーターの思いを胸に戦うという意思表示。すでにサポーターが歌うシーンをデザインしたビッグフラッグを掲出することや、選手紹介動画を公式ツイッターで発信することなども決定していた。
 「You’ll Never Walk Alone」は、リバプールのサポーターに歌い継がれ、世界中のサッカーファンにも広く知れ渡った。FC東京も長年、「君は独りじゃない」というメッセージが込められたサポーターズソングとして試合前の選手入場の際に歌われてきた。また、昨季からは勝利した試合後に選手とサポーターで合唱するようにもなっていた。
 主将の東慶悟(29)はクラブ公式サイトで「中断していたJ1が7月4日から再開されますが、まだしばらくは通常とは異なる環境での厳しい時間が続きます。でも、こんな時だからこそ、チームとファン・サポーターが同じ気持ちで、リーグ優勝を目指して進んで行くためにユニホームに『You’ll Never Walk Alone』のメッセージを掲出することになりました。このユニホームを着て、みなさんと想いを共有して、これからも一緒に戦いましょう」と呼び掛けた。
 また、選手会長の矢島輝一(25)も「東京のファン・サポーターのみなさんがチームを後押しするために歌い続けてくれた『You’ll Never Walk Alone』に、僕はプロになる前から何度も心を揺さぶられてきました。今シーズン、無観客試合や皆さんがスタジアムに来ることができない試合でも、選手たちは『You’ll Never Walk Alone』を胸に、これまでと変わらずファン・サポーターのみなさんとともに熱く戦います。再開後もそれぞれの場所で、みんなで思いをひとつに戦いましょう」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ