本文へ移動

ハナショウブ見頃 はままつフラワーパーク 

2020年6月12日 05時00分 (6月12日 05時03分更新)

紫色の花を咲かせたハナショウブ=はままつフラワーパークで

 浜松市西区のはままつフラワーパークで、ハナショウブが見頃を迎えた。約七百品種、七十万本が咲き乱れ、来園者の目を楽しませている。
 特徴的な大輪を咲かせる「神楽獅子」などが紫や白、ピンクと色とりどり咲き誇る。同パークが品種改良した「浜名湖の光」も黄色い花を咲かせている。
 ハナショウブはアヤメ科の多年草。涼しい気候を好んで日本や中国北部、シベリアの湿地に自生する。いずれも中心に黄色の線が入っている。
 担当の河合則和さん(36)は「さわやかな色合いで、和の風情を感じてほしい」と来園を呼び掛けている。見頃は今週末まで。 (糸井絢子)

関連キーワード

PR情報