“多目的トイレ不倫”で注目の今だから…『五体不満足』の乙武洋匡氏 男女で入っても「うがった見方をしないで」

2020年6月11日 15時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
乙武洋匡氏

乙武洋匡氏

  • 乙武洋匡氏
 著書「五体不満足」で知られる作家の乙武洋匡氏(44)が11日、自身のユーチューブチャンネル「乙武洋匡の情熱教室」を更新。「多目的トイレについて広く知ってほしいこと」と題し、多目的トイレ利用者が異性の介助を必要とする例を挙げて、「うがった見方をしないで」と呼びかけるなど、利用者目線で大まじめに語っている。
 乙武氏は、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の不倫現場に多目的トイレが使われたとする文春砲により、多目的トイレ利用者への誤解が広がることを懸念。冒頭で「迷ったんですけどねえ…」と述べてから、「これほど皆さまの注目が集まる機会はない」と緊急配信した動機を説明した。
 強調したのは、生まれつき両手両足のない乙武氏のように、多目的トイレしか使えない人たちがいること。「多目的トイレが埋まっていて困った」とする車いす利用者が7割に上るデータを提示。一般トイレよりも広く、空いているといった理由で気軽に使わないよう注意を促した。
 また、排せつ介助の必要な人や赤ちゃんのおむつを替える母親らのケースを紹介し、多目的トイレを使う人は車いす利用者に限らないと指摘。「一見、障害者に見えない方でもこのトイレを必要としている」と外見上で判断しないよう求めた。
 さらに、親子や恋人同士など介助者が異性の場合について言及。「あの2人、男女なのに多目的トイレに入っていたとうがった目で見るのは控えて」と訴えた。同時に、既存の多目的トイレが独立した形ではなく、男子、女子トイレにそれぞれ設置されている問題点にも触れていた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ