本文へ移動

フェアウエーウッド苦手なら… お尻を上に向けてアドレスしましょう

2020年6月11日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回は、フェアウエーウッドの打ち方についてお話しします。ポイントは、自分からボールを打ちにいきすぎないことと、クラブが体の近くを通るようにスイングすることです。 (取材・構成 堤誠人)

打ちにいかない!

 ウッドが苦手だという方は多いと思います。ドライバーはティーアップをしているので思い切り振り抜くことができますが、フェアウエーウッドの場合はヘッドが大きく、ロフト角が立っているクラブで打つのにティーアップしないので、うまく当てたいというプレッシャーを感じやすくなるからだと思います。
 特に3番ウッドの場合はロフト角が立っている上にクラブの長さもあるので、スイングが振り遅れになりがちです。そうなれば、ダフりのミスが出やすくなります。
 また、地面にあるボールを直接打つので、自分から焦ってボールを打ちにいってしまうとダフりやトップ、チョロなどのミスにつながります。自分からボールを打ちにいこう、という気持ちを強く持ち過ぎないことが大切です。

手元浮かない意識

 フェアウエーウッドを打つ時に私が心掛けているのは、振り遅れを防ぐためグリップを少し短く握ること。そして、トップからインパクトにかけて右肩が下がりすぎず、前傾角度があまり変わらないように意識することです。
 また、トップからインパクトにかけてクラブが体の近くを通るように意識して振っています。体の近くを通すイメージがあまり出ない方は、インパクトで手元が浮かないように意識すれば良いでしょう。

お尻が落ちると…

 この時に大切なのはアドレスです。アドレスで膝が曲がり過ぎたり、お尻が落ちてしまったりしてしまうと股関節をうまく使えず、下半身の踏ん張りが効かなくなります。すると、前傾姿勢をキープしづらくなり、思うような動作をすることが難しくなります。
 このようなことを防ぐために、私はお尻を空に向けるようなイメージでアドレスをしています。そして、インパクトからフォローにかけて右手を長く出すように振っています。そうすると、クラブのソールをうまく使えるイメージが出てくるからです。

安心できるクラブ

 私は11番ウッドまで入れているようにウッドが好きなのですが、実は3番ウッドが苦手で5番ウッドを使っています。ただ、通常の5番ウッドよりもシャフトを長く、ロフト角を立てて作ってもらっているので、実際には4番ウッドくらいのクラブになっています。
 構えた時のヘッドの見え方や据わり方で、打ちやすいイメージや安心感が違ってきます。ゴルフショップへ行ってクラブの調整をしたり、いろいろなクラブを構えてみたりして、安心できるクラブを探すことも楽しいと思います。ぜひ、いろいろと試してみてください。

【しのぶのひとりごと】

コース外での対応力も必要なツアー再開…困難乗り越えてほしい

 ついに、25日からのアース・モンダミン・カップで国内の女子ツアーが開幕する見通しとなりました。前年のツアー終了から半年以上も大会がなかったのは、初めてのことだと思います。
 今までできていた練習やトレーニングが満足にできなかったり、久しぶりの試合で勝負勘が鈍っていないかと思ったりするなど、これまで感じたことのない不安やストレスを抱えている選手もいるかもしれません。
 私は2016年3月の開幕戦に出た後、8月のトーナメントに出場させていただくまで間が空いたことがありました。しばらく試合から離れていると、トーナメント用に仕上げられたコースへの対応や試合中の集中力の持っていき方、勝負どころでのメリハリのつけ方など、難しいと感じたことがありました。
 今回のトーナメントは関係者の会場への入場規制、クラブハウス内でのマスク着用、体温の報告義務など多くの決まりごとがあり、選手にはコース外での対応力も求められてくると思います。
 選手にとっても大会関係者の方々にとっても初めてのことなので大変だと思いますが、みんなで困難を乗り越え、また白熱した素晴らしいプレーが見られることを楽しみにしています。
 私がトーナメントに出場していた時は、ギャラリーの方々の応援がすごく力になっていました。選手にとって、無観客での試合はさみしい気持ちがあります。ぜひ、テレビやネット中継などで今まで以上に選手への応援をしていただけたらうれしいです。

 ▼諸見里しのぶ(もろみざと・しのぶ) 1986(昭和61)年7月16日生まれ、沖縄県名護市出身。身長160センチ。ダイキン工業所属。おかやま山陽高を卒業後、2005年のプロテストに合格。06年にツアー初優勝し、09年には6勝を挙げ賞金ランキング2位と躍進した。国内メジャー大会3勝を含むツアー通算9勝。昨季限りでツアーの第一線から退いた。

 取材協力 GOLF&FITNESS POINT芝浦(東京都港区海岸3の26の1 パーク芝浦7F) (電)03(6435)4521
(隔週木曜日の紙面に掲載)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ