アイシンが昼食宅配代行 刈谷駅周辺、複数店を一括

2020年6月11日 05時00分 (6月11日 05時02分更新) 会員限定
サービス開始に向け、料理の受け渡しの手順を確認する飲食店主(右)ら=愛知県刈谷市で

サービス開始に向け、料理の受け渡しの手順を確認する飲食店主(右)ら=愛知県刈谷市で

  • サービス開始に向け、料理の受け渡しの手順を確認する飲食店主(右)ら=愛知県刈谷市で
 新型コロナウイルスの影響で客足が鈍っている飲食店を支援するため、トヨタ自動車グループのアイシン精機(愛知県刈谷市)は十一日から、刈谷駅近郊でランチの宅配代行サービス「刈谷飯(めし)クルー」を始める。在宅勤務に伴い自宅での食事が増えている利用者などから自社開発のサイトで注文を受け、店舗の売り上げ増につなげる。 (鈴木龍司)
 移動サービス事業の新規開拓を強化するアイシンは、運転代行アプリ「うんてん代コール」の運営や、相乗りの送迎サービス「チョイソコ」の実証実験に取り組んでいる。これらのノウハウを生かし、出前の注文を一括管理して最適なルートを割り出すシステムを一カ月余で構築した。
 サービスは複数の店舗の注文をまとめて受け、配送車両をライドシェア(乗り合い)のように活用する。店側は独自のサイトや運転手を用意する必要がなく、利用者は一度に複数の店の料理を頼める利点がある。配達は顧客減に直面している運転代行サービスを手掛ける運送業者が担う。
 宅配エリアは刈谷駅を中心に半径約二キロ圏内で、サイトのQRコードを印刷したチラシを対象エリアの事業所などに配る。サイトから商品を選び、配達先や希望時間帯など...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報