プロ野球の今季特別ルール合意…1軍登録31人、ベンチ入り26人、トレード期限9.30、延長は10回まで

2020年6月10日 15時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本野球機構(NPB)

日本野球機構(NPB)

  • 日本野球機構(NPB)
 日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長)の森忠仁事務局長は10日、オンライン会議で行われた日本野球機構(NPB)との事務折衝で、新型コロナウイルスの影響による今季の特別ルールとして▽出場選手登録枠の拡大▽延長は10回まで▽トレード期限は9月30日―とすることで合意したことを明かした。
 事務折衝後に取材に応じた森事務局長は「選手の健康を第一に考えてのことなので評価できる」と話した。12球団側は出場選手登録は29人から31人に、ベンチ入りは25人から26人に拡大する案で検討を進めており、外国人枠の増枠については詳細を詰めている段階とみられる。
 選手会側が求めていた出場登録日数を143試合分の期間に換算する案については、「少し進んだが、まだ考えに開きがある」として継続協議となった。また、年俸の削減については「今日は話していない」という。選手会は15日にオンラインで臨時大会を開き、今季の特別ルールや感染予防対策のガイドラインの内容について話し合う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ