「リリーフとして…決してあってはいけない姿」連続四球後、3ラン被弾の巨人・沢村に原監督おかんむり

2020年6月9日 23時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏無死一、二塁、巨人・沢村から中越えに3ランを放つ佐野

8回裏無死一、二塁、巨人・沢村から中越えに3ランを放つ佐野

  • 8回裏無死一、二塁、巨人・沢村から中越えに3ランを放つ佐野

◇9日 練習試合 DeNA-巨人(横浜)


 巨人の沢村拓一投手(32)が、9日のDeNAとの練習試合(横浜)で8回から3番手登板。連続四球から4番佐野に153キロ直球をとらえられ、中堅へ3ランを浴びた。
 1イニング2安打3失点の結果に、原監督は「リリーフとしての姿としては決してあってはいけない姿でしょうな。四球、四球、4番打者にというのは。まあ本番ではそういうことのないようにね。リリーフ陣のリーダーですから。そこは練習試合といえども、本人が反省しているでしょう」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ